トップページ | 2005年8月 »

2005年7月29日 (金)

4行日記(4)

 千里の道も一歩から

  • ■ 机回りの整理
  • ◆ 整理すれば広い机
  • ● ワークスペースを広く
  • ★ 私は縦横無尽にワークスペースを使っています

・・・なんか、他愛ないですね(^^;

|

パソコンがほしい

 私が使っているデスクトップは、かれこれ3年ほど前に自作したもので、CPUもPen3の866MHzという数世代前の代物です。事実上サーバとして運用しているにしても、少々寂しい限り。サーバと言いつつOSもWin98だし。
 ここは久しぶりに作り直すか、ということで、本や雑誌を見ると、隔世の感があります。昔はアスロンの方が発熱が大きいと言われていたのですが、今ではペンティアムの方が熱くなるんですね。クロックも2ギガ3ギガが当たり前。マザーボードからの交換は考えていましたが、排熱のことを考えると、どうやらケースから買いなおす必要があるようです。
 しかし、私が住んでいるような田舎では、ハードディスクやメモリならまだしも、CPUやマザーボードを手に入れるのは大変です。近くの店を一回りしてみたのですが、部品の扱いをやめてしまった店や、あっても数世代前のものが定価で置いてあるだけなど。こうなると、ケースだけは近場で手に入れて、後は秋葉原にでも買い出しに行くしかないようです。でも、そんな暇はないしなあ。

|

2005年7月27日 (水)

良い叱り方

 良い叱り方とは、相手のために叱ることと、大義名分のために叱ることです。

  ・・・渡邊美樹(ワタミ社長)・日経Associe 2005/07/05号

|

4行日記(3)

 なかなか掲載できない4行日記、4行日記成功ノートによると、30個以上日記を書くと、見えてくるものがあるそうです。まだまだ先は長いですが、がんばります。

  • ■ 元資料に当たっていたら、要約にはなかった事実を発見
  • ◆ 自分で確かめることが大事
  • ● 現場主義
  • ★ 私は常に現場の人間です

 今日はこんなところで。

|

MDR-NC11A続き

 昨日購入したノイズキャンセリングヘッドホン(長い)ですが、本日、実際に使ってみました。

 で、結果としては微妙です(^^;

 確かにノイズキャンセリングの効果はあります。
 オンにすると、小さな音などが聞き取り易くなります。
 ただ、インナーイヤータイプなので、その時点でもう、かなり消音効果があり、ノイズキャンセリングのオンオフで、それほど違いを感じられません。
 外した時と比べれば、かなり消音です。

 1つ気になるのが、やはり、ホワイトノイズ。これがあるという話は知ってはいたのですが、外部のノイズを、極小さなホワイトノイズで上書きしているというようにも感じます。
 あと、もう1つ、やや気になるのは、鼓膜への微妙な圧迫感。インナーイヤータイプのためもあるとは思いますが、オンにすると妙な圧迫感を感じます。気のせいかもしれませんが・・・
 それから、ケーブルが長く、途中、電池ボックスを兼ねるユニットがあるので、取り回しに不便なのも難点です。

 まあ、これらの問題点については、他のサイトでも書き込みがあったので、ある程度覚悟はしていたのですが。

 結局のところ、ただのインナーイヤータイプのヘッドホンで十分かなという気もします。もっと取り回しのいいのがあったら、早々に切り替えるかもしれません。

|

2005年7月24日 (日)

今日買ったもの

 今日は久々に買い物に行って、いろいろ買ってきました。

 中でも個人的に注目なのは、SONYのノイズキャンセリング・ヘッドホンMDR-NC11A。

 インナーイヤー型のヘッドホンなのですが、外部の音を取り込み、それと逆の位相の波を作り出すことによって、外部の音を小さくしてしまうというものです。

 っていう話を聞くと、ついつい、「ブルーサンダー」(古い)を思い出してしまいます(^^; あのヘリって、消音モードにすると、エンジン音が消えるんですよね。

 電車の中で音楽などを聴いていると、どうしても音量を大きくしないと聞き取れないことが多く、何とかならないかなあ、と思っていたところ、電車の壁に広告が張られていました。

 まだ、電車の中では試していないのですが、家の中ですと、確かに扇風機の音などが小さくなります。ただ、本当に静かな所だと、逆にかすかなホワイトノイズが入ってしまいますね。

 ネットで検索してみると、このヘッドホンについては、賛否両論あるようなので、買うのはかなり悩んだのですが、結局買ってしまいました。

 利用報告については、またおって。

 ちなみに、SONY Drive のカタログページはこちら

|

2005年7月20日 (水)

「朝」日記

 先日のこちらの記事の続き、BIG tommorrow の記事についてですが、なぜ、「朝」日記なのか。それはつまり、

 「夜書いたラブレターはそのまま出すな」

ということと同じです。私を含め、心当たりがある方は多いかと(^^; すなわち、自分を冷静に見つめ直すためには、夜より朝の方が良いというわけです。さらに、単なる日記ではなく、例えば4行日記のように、自分の理想や目標を書く日記であれば、朝書くことによってその日の行動にプラスになることもありえます。

 そう言われると、理に適っているような(^^;

 ということで、4行日記も「朝」書いてみることにしてみます。

 ちなみに、紹介サイトはこちら

 ただし、サイトの方は、「朝」云々より「ハイパーマンダラ日記」であることの方が重要であるようにも見受けられますが。この「ハイパーマンダラ日記」も、マンダラートを知っている人間からすると「おおっ」と思う内容です。エクセルがないと動かないのと、値段がやや高めなのが難点でしょうか。

 マンダラート、一応、リンクは張っておきますが、詳細については折を見て。

|

2005年7月19日 (火)

4行日記(2)

  • ■ 久々に読書の時間が取れた。
  • ◆ 自分のための時間も必要。
  • ● 時間を確保せよ。
  • ★ 私は自分の時間を大切にしています。

 うーん、あまりたいしたことないですね(^^;

|

2005年7月17日 (日)

BIG tomorrow 302

 BIG tomorrowという雑誌、今回初めて買いました。買ったのは暫く前なのですが、なかなか読む時間がなくて、今頃の紹介となってしまいました。

 内容的には、20~30代のビジネスマン向けの雑誌ということになるかと思います。

 表紙からも感じることですが (^^; 、誌面構成がちょっと慌しい感じがします。どこをどのように読めばいいのか迷ってしまいます。でも、内容的には結構「ほう」というものもあり、感心しました。

 基本的に、このテの雑誌は気になる記事が掲載されたときしか買わないので、おそらく継続して買うことはないかと思います。

 ちなみに、今回の注目記事は、「『頭がいい人』の最新頭脳アイテム」というもの。特に4行日記との関連で、「朝」日記に注目したのですが、これについてはまたおって。

|

2005年7月13日 (水)

モブログテスト

モブログ送信テストです。

|

2005年7月10日 (日)

4行日記(1)

  • ■曖昧なまま報告をして指摘を受けた
  • ◆自分が理解した仕事でなければ信頼は得られない
  • ●理解が信頼につながる
  • ★私は自分の仕事のすべてを理解しています

(解説)自分でも「これでいいのかな?」と曖昧な部分があったものの、単純に前例に従って書類を作成して報告したら、案の定、指摘を受けてしまい、慌てて調べる羽目に。仕事は単に右から左に流すだけでは駄目だという、まあ、当たり前の事実を再確認することとなりました。

|

2005年7月 9日 (土)

4行日記をつける

 4行日記とは

  • ■事実
  • ◆発見(気づき)
  • ●教訓
  • ★宣言

の4行で書く日記です。

 シンプルな中になかなか奥深いものがあるのですが、中でも個人的には以下の2つが大きなポイントだと思います。

  1. 「事実」を1つだけ選択することで、無意識のうちに自分が何を最大の問題と捉えているのかが明確になる。
  2. 「宣言」という形で、「ありたい自分」の姿を現在進行形で書くことで、ポジティブ思考が自然に行われる。

 最近、「人生の目標を持とう」ということがよく言われていますが、日々の「事実」から「ありたい姿」を導き出す4行日記は、この「人生の目標」を明らかにする手法として有効なのではないかという気がします。

 自己流ではありますが、しばらく試してみたいと思います。

 興味のある方は、 坐座蓙の会-4行日記オフィシャルサイト.へどうぞ。

|

2005年7月 7日 (木)

はじめまして

 このたび、このブログを開設しました、AKYと申します。

 上で「はじめまして」と書いていますが、本当は、このサイトでブログを公開するのはこれが初めてではありません。以前はここで「AKYの雑記録”」というブログをやっていたのですが、生活環境の急変で、1年もの間、開店休業となっていました。

 ここに来て、生活環境も元に戻り、何とかブログを復旧できる見込みとなったのですが、この1年の間にいろいろ状況も変化し、また自分の考え方も変わってきたため、単なる再開ではなく、心機一転、新たなブログとして立ち上げることとしました。

 記事の主な内容としては、次のようなものを予定しています。

  • 手帳やPDAなど、個人の行動や思考活動を支援するツールについて
  • 書籍や雑誌、インターネットなどで見つけたツール・情報等について
  • その他「考えること」について

 当分の間は、上2つの内容が主になると思います。「思索の軸索」という名前上、将来的には3番目の内容を増やしていきたいと考えてはいますが・・・ とにかく、少しでも有用な情報を発信していきたいと思います。

 それでは、よろしくお願いします。

              平成17年7月7日 ・・・7並びの日に

|

トップページ | 2005年8月 »