« 2006年4月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月26日 (月)

ウェブ進化論


 久しぶりに読んだ一冊。久々に、知的好奇心を刺激されました。
 つくづく思うに、やはり、本を読むことは必要だなあと。

 内容については、すでにいろいろな所で紹介されているので省略しようかとも思ったのですが(^^; せっかくなので簡単に思ったことを。

 この本を読んで一番強く思ったのは、「今、現在進行形で世界が変わりつつある(のかも知れない)」ということ。
 情報発信の低コスト化による表現者の増大と、多数決によって有用な情報を取り出すグーグルの検索エンジン。これらがさらに発達すれば、新しい形の民主主義が形成されるのかも知れない。近い将来、そんな大きな変化が起きるのでは。そんな期待を感じさせました。

 こういう本を読んでいると、何だか今までにない新しい人生/生活が指向できそうな気がしてきます。まあ、実際にはいろいろしがらみがあって難しそうですが。

 今より10年前に、現在のようなネット環境があれば、自分の人生も変わっていたかもしれません。そう考えると、今の若い人の前には大きな可能性が広がっているわけで、ただでさえ若いというだけで選択肢が多いのに、うらやましい限りです。

|

2006年6月13日 (火)

ブログ改変あいさつ


 ご無沙汰しております。

 最近、全然ブログに書き込めませんでした。

 最大の原因は、4月に仕事が変わって、仕事で手いっぱいになってしまい、余力の時間がなくなってしまったことです。以前、1年間開店休業させた前科のある私です。本領発揮というところでしょうか(^^;

 本来、私がこのブログを立ち上げた目的は、ブログという形でモノを書くことにより、思索する機会を増やすことにありました。要は、もう少し日々頭を使おうということだったのですが、仕事に追われると、なかなかじっくり考える時間も取れず、書き込みができない状態になっていました。いや、正確に言うと、考える時間はあったのですが、それをブログのエントリにまで昇華するほどの時間がなかったというべきでしょう。

 ある意味、ブログへの登録に対し、自分自身で高めのハードルを設定していたとも言えます。「このブログにはあまりくだらないことは書けない」という感じで。別館である雑記録”の方は、こちらも減少はしましたが、まだ少しは書き込んでいるわけですし。

 このブログを今後維持していくためには、書き込みに対する敷居を下げざるを得ないのではないかと考えます。雑記に近い内容もこちらに移して、もう少し範囲を広げ、日常においてちょっと考えたことを書き込む。要は、もう少しアバウトにして、書き込み易くする必要があるのではないかと。

 ついては、気分を改めるため、デザインを一新、ブログの名称も変更することにしました。タイトルは

  Thinking about

「~について考える」というのが本来的用法でしょうが

「アバウトに考える」(^^; という意味も含めて使いたいと思っています。

 まずは、本ブログと雑記を統合するつもりですが、そろそろW-ZERO3の運用も安定し、ツール化されてきたので、W-ZERO3ネタも、こちらのブログに移そうかと思っています。

 それでは、改めまして、よろしくお願いします。

                AKY拝


|

« 2006年4月 | トップページ | 2006年7月 »