« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月31日 (日)

ニコ動画作成手順メモ

 ニコ動作成に際して、結構悩んだのでメモ。

 動画を作るツールはいろいろありますが、今のところ、自分が使い慣れているVideo Studioを使用しています。

 問題は、作った動画ファイルをどうやってアップロードするかです。

 ニコ動では、SMILE VIDEOにアップロードするのが一般的と思われるので、その方向で考えます。

 ものの本には、WMVファイルとして出力し、そのままアップロードするべしとあるのですが、この方法では、動画をアップロードすると同時に、エンコードがかかって、画質も音質も劣化してしまいます。

 せっかくの曲ですから、画像はまだしも音質は何とか維持したいところ。

 そこで、SMILE VIDEOの標準形式であるflvファイルを作成してアップロードし、エンコードを免れることを画策してみます。

 ネット上の情報としては、ニコニコ動画の標準形式であるflv4形式ファイルの方が画質・音質ともいいようですが、フリーツールでこれを作成するのは敷居が高そうなので、Youtubeでも使われているflv1形式のファイルで作成することにしました。

 flv1に変換するツールもいろいろあるのですが、あまり手間をかけたくないので(^^; 比較的お手軽なツールである

 MediaCoder

というものを使用(サイトはこちら)。

 まず、Video Studioで作成した動画をAVIファイルとして出力(ちなみに、1分当たり100MBを超えます(^^;)。この際、一応ニコ動の基本サイズである512×384に合わせて作成(先日、STARBOW動画を作成する際、どうしてもこのサイズで出力できなかったという問題が発生しましたが)。

 これをMediaCoder上にD&&Dします。

 MediaCoderの設定は

  • オーディオ
    • エンコーダ LAME MP3
    • レートモード CBR
    • ビットレート 128Kbps
  • ビデオ
    • モード Bitrate-based 383Kbps(または479Kbps)
    • 形式 FlashVideo
    • コンテナ FlashVideo
    • ソース MEncoder
    • バックエンド MEncoder
  • 画像
    • (AVIサイズが512×384で出力できなかった場合のみ)リサイズ 512×384
    • フレームレート 30.00

といった感じです。

 これでStartボタンを押すと、数分後、flvファイルが作成されます。これをアップロードすれば、エンコードされずに登録されるはずです。
 実際のところ、アップロードの際に、エンコード中の表示が出るので、エンコードされているのかいないのか不明なのですが(^^;
 ネットの情報によると、エンコードする場合もしない場合もその表示が出るらしいです。アップ後の音を聞く限り、音質の劣化はないようなので、まあ大丈夫かなと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月30日 (土)

STARBOW 動画作成

 ニコニコ動画にアップしました。

 今回は、VideoStudio12の異常終了に悩まされ、一時はどうなることかと思いましたが、何とか作成&アップできました。

 Cubase版であるロングバージョンはあまりに長かったので(^^; ちょっとだけ短縮版を作りました。それでも5分、まだまだ長かったですね。

(実はイラストをたくさん使ったロングバージョンも作ってあるのですが、あまりに冗長なものになってしまったので、お蔵入りの予定です(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月23日 (土)

ピアプロに投稿

 ピアプロに投稿しました。

 PIAPRO(ピアプロ)音楽「STARBOW - 光を超えて -」


| | コメント (0) | トラックバック (0)

STARBOW Cubase版

 宵待ち花火の方が一応落ち着いたので、続いてSTARBOWのCubase化に着手。でも、これがなかなか面倒で。

 XGとHALionONEでは、同じ名称の音でも雰囲気が異なるので、必ずしも単純に移行できず。特に、ドラムについては、XGにあるドラムセットがHALionONEになく(Cubase Essential版なので、かなり音が削られてます(^^;)。仕方なく、3つのドラムセットを併用するという荒技で凌いでいます(^^;

 また、HALionONEの音は繊細な分ボリュームがないので、コード伴奏のパートを新たに追加しました(エレビ、オルガン、コーラス)。

 そんなことをやっていたら、結局、最初から打ち直すのに等しい作業に(^^;

 ということで、出来上がったのがこちら。

  STARBOW 080823starbow.mp3

 今回、音色をいろいろ調整していて、ちょっと面白かったので入れてしまったのがドローオルガン。イントロ中盤で左右にパンしながら唸っている音です。サビの部分にも入れていますが、こちらはいろいろな音が混ざっているので、ちょっとノイジーで厚みを出すためだけになってしまいました。

 ドローオルガンの唸りはうまく使うと面白そうなので、後で何かの機会に使えればと考えているところ。

 また、毎度のことながら、各楽器や歌の音量バランスも難しいです。特に今回はブラス扱いに苦労しました。目立たせようとして音量を上げると、大きくなりすぎてリミッターに引っかかり、音が歪んだりこもったり。そうならない程度でかつ目立つポイントを、他の楽器も合わせて調整しながら見付け出す作業。まだまだ満足できる出来とは言えませんが、今の能力ではこんなところかと。
 それでも、今回はコンプやリミッターの扱いについて、結構勉強になりました。次回はもう少し手早くできる(といいなあ)と思います。音圧ももう少し稼ぎたいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月17日 (日)

高音源Ver.動画作成

 ということで、Cubase HALionONEによる高音源Ver.を使って、ニコ動作成しました(^^:



 今回は結構頑張って、動画っぽく仕上げてみました。とはいえ、動画編集ソフトの機能をちょこっと使っただけですが(^^; いやあ、いい時代になったものです(^^;

 ちなみに、動画編集に使ったのは、VideoStudio12。10のころから使っていて、使い慣れているもので(今回、動画を作るためだけにアップデートしたのは内緒です(^^:)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宵待ち花火(高音源版)

 先日作ったCubase版が、どうも伴奏と歌のバランスが悪いような気がして、ちょっとだけ伴奏を控えめにした版を作りました。

 

080817yoimati.mp3

 さすがにこれについては、これで一応の確定版にしたいところ(^^;

 もちろん、いろいろ不満はありますが...ただ、これ以上直そうとすると、一からMIDI打ち込み直す必要があるので(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月10日 (日)

宵待ち花火 Cubase版作成

 本館の方にも書きましたが、DAWソフトのCubase Essential 4(CE4)を購入しました。

 まだまだ使い方がよく分からないところがあるのですが、何とか「宵待ち花火」のデータをCE4に移行して鳴らすことができたので、公開します。

 

宵待ち花火 080810yoimati.mp3

 CE4に付いてくる音源HALionOneの音がいいらしいというので導入したのですが、うーん、どうなんでしょう。もちろん、今まで使っていたフリーXG音源よりはいい音が出ますが、全体的に音が細い気がします。

 いろいろ微調整すればいいのでしょうが、まだそこまでの能力がないので(^^;

 何だかどんどん深みにはまっている気がしますが(^^;

(08/08/17追記)mp3ファイルを更新しました。こちらを参照。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 3日 (日)

宵待ち花火 動画作成

 ニコニコ動画にアップしました。

 

 こんなことができたのも、ピアプロのおかげです。

 自分で絵が描けない人間には、動画というのはどうにも敷居が高いのですが、今回、イラストをピアプロの投稿(tengai様の作品(こちら))からお借りすることができ、何とか投稿に漕ぎ着けました。データの共有・コラボを前提としているピアプロがなければ、ニコ動アップはもっと困難だったでしょう。太っ腹なメーカー&著作権者様に多謝。

 今回、動画を作成するに当たり、歌の微調整&ミキシングのやり直しを行っています。具体的には

  • 所々ポルタメントを強調
  • 歌い出しのDYNを右上がりにして優しく歌い出すように調整
  • その他発音・アクセントの調整
  • EQで4kHz代を強め、中音部を強調して安定した声に
  • EQで琴の音をちょっとだけ強調(キレを上げた)
  • コンプをかける前にノーマライズ→コンプの圧縮率を低減
  • 声の強弱を強調(REAPERのオートメーション機能で連続的に音量調整)
  • 声と楽曲のバランスを調整
  • 全体へのコンプをやや強めにかけ、音量アップ(平均-12dB程度)

といったところでしょうか。

 列挙すると結構ありますが、結局は微調整の類なので、前と比較してそれほど変わってはいません(^^; 強いて挙げれば、最後の2つは、聞き比べれば分かるとは思います。

 データはこちら

 宵待ち花火 080802yoimati.mp3

 合わせてピアプロのデータも更新しました

 PIAPRO(ピアプロ)|音楽「宵待ち花火」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »